2019年の失敗取引から学んだこと

失敗のうちで最大のものは、失敗を何一つ自覚しないこと

カーライル

失敗したところでやめてしまうから失敗になる

松下幸之助

 

とは言え、失敗しすぎると生きてはいけない…(小声)

 

苦手な銘柄は触らない。

自分はアイロムGとの相性が悪く合計で結構もっていかれました。
初めて買った株であり、一番失敗した株でもあります。
上がると思って買ったら下がり、下がると思って売りで入ると上がり、
損切りすると、下がってくる。
典型的な投資家心理で動いてしまいがちな銘柄でした。
投資バカでも書いてありましたが、相性の悪い株はとりかえそうとか思わないで、
素直に触らないのが良いのだと感じました。

期待がないときは切る。(迷ったら売り)

初めて参戦した仕手株(ビートHD)で学んだこと。
明らかにきな臭いタイミングでも、もしかしたら上がるかもとか
期待で保持して買値の1/3にした銘柄。
仕手株であれば、材料なければ売り一度。
「迷ったら売り」は心理ですね。

  • 仕手株デイトレはちゃんと板に張り付く、コツコツドカンしやすい。
  • 思惑株は思惑のうちに抜ける

長期休みの間仕手株。具体的には以下の祭りに参加したりしました。
トータルは12万負けくらい。特にAmidaHDは令和相場で参戦、
一時大幅プラスで目を離した瞬間に大幅マイナス、結局マイナス15万くらいで着地してしまった。
典型的なコツコツドカンを経験。マイナスの心理的なショックで他の仕手株銘柄も結局切ってしまった。
テーマは思惑のうちにうることや、冷静に取引することの大切さを学んだ取引でした。

負け

  • AmidaHD
  • ジョルダン
  • 日本ホスピスHD
  • ソレイジア・ファーマ

勝ち

  • 岡本硝子
  • デュアルタップ
  • イメージワン
  • ギークス

仕手株を触っている時は欲を出しすぎない

UMNを多めに買っていた際、謎のS高2連続を経験。
今振り返れば、素直にそこで売ればいいものを”材料がでるかもしれない”病が発病。
最終的には翌日のS安後の少し戻したところで売ったので、
少しプラスですみました。

謎上げのときは、上がったら売ってしまえばいい気がしました。
短期で上げれば、短期で下がる印象ですし、平均取得単価が上がっても
利益があれば、再入場してしまえばいいわけですしね。
逆にこつこつ上がってきている時のほうがは
どっちがいいのかはまだよくわかっていない。。。

購入時は分けて買う。いきなり予定数買わない

これは旅工房で失敗。
一目雲の支えでトレンド反転と読んでインしたが、結局雲をつきぬけて下落。
決算発表狙いだったので、ぶっちゃけ予定数そろわなくてもいいくらいの気持ちで買い高めていくイメージで買っていくと
平均取得単価を抑えられる気がする。
これが成功したのはDWTIでした。(ただ売り時を逃していて、そこはまた別に反省点あり。)

きちんとした事業計画で売上も利益も見込めるならしっかりホールド
(兼業投資家目線)

これは総医研で経験。決算跨ぎで購入した後時間をかけて3分の1に
そこでPF整理で売却してしまったが、5月現在買値までもどってきたのでした。
結局数字がついてくれば、最終的には株価もついてくることが多い気がします。
事業計画も成長性もしっかりしているのであれば、時間軸を伸ばしてがっつりホールドも
兼業投資家としてはありな気がしました。
それか、結構すぐ損切りするか。ここらへんのスキルがまだまだ低いですね。

投資対象を増やし過ぎない

しっかり資産を増やしたければ、自分の予算感であれば4つくらいで回すのが良い気がする。
儲かる銘柄がわかっているのならば、一本に絞れば良いですが、
テーマ株は安く仕込んで長く待つスタイルになりがちなのでどこが最初に吹くかわからないので
資産を分散しすぎず、買わないやつは買わない選択をして、投資するしかないと思いました。

セカンドプランをしっかり持つ

シナリオどおりにならなかった時どう動くか事前に決めておくと迷わなくて良い気がします。
とにかく事前に決めておくことが心理的ダメージを受けているときでも安定的に立ち回るコツかもしれない。

基本順張り、週足で底値

大きなトレンドを踏まえた投資は失敗したときでも助かりやすい気がする。
あとはいかに底値で仕込んでたえられるか。。。

MSQ,SQを意識

下がるイベントは例外なく下がることを痛感。
アメリカ相場が下がれば日本相場も下がるし、上がらないし、
全体が下がる時はがっつりいくので、空売りは仕込めるように、下落が起きやすい銘柄をしっかり抑えておく。

結構MSQは雰囲気で落ちていくときは落ちていく。(まだ感覚ですが…)
特に次書く買い残は目安になるので、そのような銘柄はイベントが重なれば売りで入る。

買い残は上値が重くなる

とにかく重いw
心理は共感できるものがあり、信用取引で買っている銘柄は、早めに処分することが多いので、
短期で利益がでたら売却してしまうケースが自分も多いです。
結局信用買の売却も空売り同様、株価を下げる力に働くので、
上がりが重くなる印象です。
あとは眉唾ですが、株価を下落させ、損切りさせて、証券会社が儲かる
というのは実際のところは知らないですが、妙に納得感がありますね。
しっかりした下落で損切りして買い残が減ってくれないと、上にあがらないことも多々あるので、買い残は見る癖をつけたい。
(まだついていない。)

常にVIXなどの指数逆連動の銘柄を持っておく

株を持っていると地合や株式相場の雰囲気をもろに感じるので
その雰囲気、地合でVIXを買ったり売ったりすることでPFを安定させられると感じた。

 

※※本記事は投資を推奨するものではございません※※

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す